ギャンブルとゲームの間には、ごく細い線引きがされています。ゲームとギャンブルは同じだという人もいれば、そうは思わない人もいます。しかしこの2つの用語は、オンラインカジノでも、実店舗のカジノでも同じように使われています。では、この2つの用語はどのように区別されているのでしょうか? 

ギャンブル vs. ゲーム 

現代のテクノロジーにより、ゲームはユーザーにとって親しみのある存在になりました。ゲームサイトへのアクセス方法も色々で、例えばサイトに登録したり、ボーナスを購入したり、Facebookで友達に勧めたりすることができます。 

特定のゲームに送金する機能などを考えると、ゲームはギャンブルの一種か、そうでないのか、はっきりしません。この点は、ゲーム業界では議論の余地がいまだあります。しかし、ご安心ください。この2つの用語をより良く理解するために、基本要素をいくつか説明しましょう。 

ギャンブルとゲームはどう違う? 

ゲームで勝つにはスキルが必要ですが、ギャンブルの場合はそうではありません。ギャンブルは完全に運任せです。また、ゲームに現金は不要で、ただ友達と集まってゲームを楽しむこともできます。しかしお金目的でゲームをする場合、そこには金銭取引が発生するため、それはギャンブルと呼ばれます。

ゲームとギャンブルの主な違い

  • ゲーム:ある程度の基本知識やスキルが求められ、プレイヤーはゲームプレイに挑戦しなければならない。 
  • ギャンブル:ほとんど運任せ。ゲームやスポーツイベントにお金を賭け、より多く勝つことを目的とする。

多くの人にとって、ゲームとギャンブルの違いは、金銭的な利益を得るかどうか、そして目的が楽しみなのか、賞金なのかという点にあります。特定ゲームのプレイ方法を学ぶのは簡単であり、基本情報はオンラインでもすぐに見つけることができます。 

ギャンブル 

ギャンブルとゲームの違いが分かったところで、オンラインカジノや実店舗のカジノにあるギャンブルゲームをいくつかご紹介しましょう。 

  • ルーレット – ソケットが付いたホイールを用いた昔ながらのゲーム。プレイヤーはどこに球が着地するかを賭けます。テーブルには赤と黒の数字が書かれており、0は緑となっています。 
  • テーブルゲーム – 様々な種類のゲームが存在します。 
  • ホイールスピン – 最も勝率が低いゲームだという人もいますが、実際、その通りだと思います。基本的に、プレイヤーはポインターが落ちた場所に応じて賞金を獲得します。 
  • ダイスゲーム – 数多くのプレイヤーに大人気のゲーム。ダイスを振り、出た目に応じてスピンが得られます。 
  • ポーカー – 様々なバージョンが存在します。オンラインでのプレイが簡単でおすすめという声が多いです。 
  • ブラックジャック – 定番のギャンブルゲーム。カードゲームの一種で、21に最も近い数字を出した人が勝者となります。 

ゲーム 

デジタルゲームが登場したのは、約70年前のことです。それから30年後、ゲーム業界は飛躍的に進歩を遂げ、今ではプレイヤーはビデオゲームか他のエンターテイメント形態かを選択できるようになっています。例えば、ビデオゲームであればiOSやAndroid搭載のほとんどのモバイル機器で楽しめます。また、ネットに接続すれば世界中のプレイヤーと対戦可能です。