CR弾球黙示録カイジ3

発売元 株式会社 高尾
正式名称 CR弾球黙示録カイジ3
全国導入日 2015年2月2日
導入台数 15,000台予定

高尾から発売されるカイジとのタイアップ機最新作「CR弾球黙示録カイジ3」のご紹介です。
新枠「スパイラルインパクト」にはインパクトボタンと名付けられた飛び出すボタンや兵藤の顔が浮かび上がるインパクト兵藤フェイスやクルーン役物などのギミックが数多く搭載されています。
スペックはマックスのV-STタイプ、右打ち中の振り分けは1ラウンドか16ラウンドと、通常時、右打ち中を問わず天国と地獄に分かれるような振り分けになっているのが特徴です。そこは天才ギャンブラーのカイジをイメージしたものということでしょうか。

『マックス』スペック・ラウンド振り分け(WXA)

要素 数値等
大当たり確率(低確率時) 1/394.7
大当たり確率(高確率時) 1/105.1
確変割合 特図1:50.4%/特図2:100%
時短回転数 100/166回転
賞球数/カウント数 3&15/10C

特図1【ヘソ】 時短回数 出玉(払出ベース) パーセンテージ
12R確変 166回転 1800個 45.6%
1R確変 166回転 150個 4.8%
8R通常 100回転 1200個 49.6%

特図2【電チュー】 時短回数 出玉(払出ベース) パーセンテージ
16R確変 166回転 2400個 80.0%
1R確変 166回転 150個 20.0%

特図2での大当たりの8割が2400発払い出しの16ラウンド確変というのが最大の魅力です。連チャン中にその16ラウンドに偏ればかなりの出玉に期待ができる仕様と言えそうです。ただ、残る20%は1ラウンド確変で、ロングSTということを考えると、最悪の場合は逆に出玉が減ってしまった上にSTスルーということもあり得ます。また通常時の大当たりにもこの1ラウンド確変が含まれていることも気をつけておきたいところです。

おすすめの記事