CR麻雀物語2 目指せ雀ドル決定戦

発売元 株式会社 平和
正式名称 CR麻雀物語2~めざせ!雀ドル決定戦!~
全国導入日 2015年4月6日
導入台数 15,000台予定

平和の人気シリーズ最新作「CR麻雀物語2~めざせ!雀ドル決定戦~」のご紹介です。
前作の『雀王決定戦』に対し『雀ドル決定戦』となっている点からも分かる通り、「アイドル×麻雀」モノに大きくシフトした作品となっています。主役も『じゃんぴんガールズ』のれいな・みいな・しいなに変更され、前作主人公の風上三姉妹はサブの立ち位置となりました。
またシステム面でも同社の8メモリーシステム「MAX8」に改良を加えた「MAX8PLUS」を採用し通常時の遊戯性に幅を持たせる努力が見られるなど"チャレンジ作"と言える機種の1つでしょう。

『ミドル』スペック・ラウンド振り分け(M9AY1)

要素 数値等
大当たり確率(低確率時) 1/299.3
大当たり確率(高確率時) 1/69.5
確変割合 100%
ST回転数 100回転
時短回転数 100回転
賞球数/カウント数 3&2&5&10&14/9C

特図1【ヘソ】 時短回数 出玉(払出ベース) パーセンテージ
16R確変 100回転 2016個 6.0%
12R確変 100回転 1512個 1.0%
8R確変 100回転 1008個 6.0%
4R確変 100回転 504個 87.0%

特図2【電チュー】 時短回数 出玉(払出ベース) パーセンテージ
16R確変 100回転 2016個 45.0%
12R確変 100回転 1512個 2.0%
8R確変 100回転 1008個 2.5%
4R確変 100回転 504個 50.5%

前作『テンパイ乙女』同様にミドル×突入100%STのスペックではありますが、潜伏確変の撤廃や継続率の上昇等の変更点が見られます。加えて特図1・特図2間に大きな振り分け差が設けられ、特にヘソ(特図1)経由の大当たりのおよそ90%は4Rとなっている点には注目しておくべきでしょう。

おすすめの記事