CR真花の慶次

発売元 株式会社 ニューギン
正式名称 CR真・花の慶次
全国導入日 2015年1月19日
導入台数 60,000台予定

ニューギンのCR花の慶次第7弾、「真・花の慶次」のご紹介です。
前作「琉」の芳しくない評判を受け、今作「真」は大幅な改善が見られるようです。
初代から続く伝統の金襖や紅白柄、扇子演出や城門突破等を再度演出に組み込み、スペック面もV-STで勝負を賭けてきました。導入日は2015年1月中頃、主要なライバル機種も少ない月です。販売台数も6万オーバーとまずまずの数、ニューギン社としても「慶次復活」並びに「自社の存在感」を占うキー機種ですね。

スペック

要素 数値等
大当たり確率(低確率時) 1/399.6
大当たり確率(高確率時) 1/64.9
確変割合 特図1:55% / 特図2:100%(STタイプ)
ST回転数 120回転
時短回転数 100/120回転
賞球数/カウント数 3&7&8&14/9C

ラウンド振り分け

特図1【ヘソ】 時短回数 出玉(払出ベース) パーセンテージ
7R確変 120回転 882個 43.0%
4R確変 120回転 504個 12.0%
7R通常 100回転 882個 42.0%
4R通常 100回転 504個 3.0%

特図2【電チュー】 時短回数 出玉(払出ベース) パーセンテージ
16R確変 120回転 2016個 70.0%
4R確変 120回転 490個 30.0%

突入55%・継続率85%・16R比率70%(特図2)のよく見かける仕様と言えそうな感じです。
継続率85%のSTと言えばOK社のCR新鬼武者と並び、主要な現行機の最高クラスの継続率、この点は高く評価出来るポイントですよね。16R比率70%は少し低めかなと思いますが、継続率に性能を取られている事を考えると仕方ないかな…と。
この機種で重要となるのは「普通(無難)なスペックである」ということ。
本来人気が高い版権ですから、「良い」演出と「普通」のスペックで「フツー」に人気が出ると思う訳です。個人的には時短中の演出が楽しければ尚良しだと思います。

『ライトミドル』スペック・ラウンド振り分け(H4-K)

要素 数値等
低確率 1/199.8
高確率 1/119.6
確変割合 50%→100%(ST125回転)
時短回転数 50/125回転
賞球数/カウント数 4&1&10/9C

特図1【ヘソ】 時短回数 出玉(払出ベース) パーセンテージ
16R確変 125回転 1440個 41.0%
6R確変 125回転 540個 9.0%
10R通常 50回転 900個 44.0%
6R通常 50回転 540個 6.0%

特図2【電チュー】 時短回数 出玉(払出ベース) パーセンテージ
16R確変 125回転 1440個 100.0%

おすすめの記事