【パチンコ規制】出玉上限及び下限がスペック毎に規定へ

pachinko_slot_news
パチンコ出玉上限に関する規制が具体的に

数か月前から議論が続いていた「パチンコ出玉規制(内規)」。2015年11月以後の販売機種を対象とした規定であり、「MAX規制」や「V確規制」といった表現で話題となっている本件に関して具体的な数値を含む続報が公開されています。

ループ及びSTタイプは、3個賞球機だと7,200個(従前は9,600個)、電チュー1個及び2個賞球機だと6,800個(同8,600個)、ヘソ賞球1個及び2個機だと5,800個(同6,400個)となる。

同様にV確変タイプでは、3個賞球機だと6,800個(従前は9,600個)、電チュー1個及び2個賞球機だと6,400個(同8,600個)、ヘソ1個及び2個賞球機だと5,400個(同6,400個)となり、V確変タイプのほうが、ループ及びSTタイプより期待値が低い。ただし、これらの値は初当たりで得られる出玉は含まないとされている(※従前は初当たり込みの数値)。

また今回の改定では、スペック毎の最低出玉数も規定。これは特賞確率の値で区分けされ、下限1/320までが600個以上かつ最大出玉の1/3以上、下限1/260までが最大出玉の1/4以上、下限1/160までが最大出玉の1/8以上と定められた。
出典:遊技日本

直近では「確率帯の上限」及び「特定の出玉性能を持つ機械(最大期待出玉6400個以上)における下限規定」という話でしたが、今回の件でより細分化された規定が適応されることが想定されます。特に「V確変ループタイプ」に関しては他のスペックより上限が低く設定されており、高い出玉性能を持つ機種のリリースが少なくなるでしょう。

また新たな規定として「出玉下限規定」の細分化についても言及されており、従来では規定されない流れであった「ライトミドル~甘デジ帯」の下限出玉に関してもそれぞれ具体的に述べられている点には要注目と言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

スロパチステーション

パチンコ動画

  1. CRシティーハンターXYZ心の叫び

    CRシティーハンターXYZ 心の叫び|公式PV動画

  2. CRわくわくカーニバル

    CRわくわくカーニバル|公式PV動画

スロット動画

  1. パチスロ獣王 王者の覚醒

    スロット獣王 王者の覚醒|公式PV動画

  2. パチスロキン肉マン3 夢の超人タッグ編

    スロットキン肉マン3 夢の超人タッグ編|公式PV動画

パチスロ解析集

  1. スロットサイレントヒル 解析

    スロットサイレントヒル【KPE】の解析情報

  2. 鬼武者3時空天翔 パチスロ解析

    スロット鬼武者3時空天翔|天井・解析情報

  3. パチスロエヴァンゲリオン希望の槍

    パチスロエヴァンゲリオン希望の槍【ビスティ】の解析情報

  4. スーパーブラックジャック2 パチスロ解析

    スーパーブラックジャック2|天井・解析情報

  5. スロットプレミアムビンゴ 解析

    スロットプレミアムビンゴ【ベルコ】の解析情報

  6. ニンジャガイデン パチスロ解析

    スロットニンジャガイデン|天井・解析情報

  7. インフィニットストラトス スロット解析

    パチスロインフィニットストラトス【SANKYO】の解析情報

ページ上部へ戻る