遊技産業健全化推進機構が極端な釘調整を是正へ(※20170202追記有)

  • 公開: 2015年5月18日
  • 最終更新: 2017年2月2日
pachinko_slot_news
遊技産業健全化推進機構が新検査を実施

遊技機及び計数器の不正を監視・検査を行っている「遊技産業健全化推進機構」が2015年6月より新たな検査を行う方針とのこと。

遊技産業健全化推進機構が6月から新たな検査を開始することがわかった。

新たな検査は遊技機性能調査。対象はパチンコ遊技機で、一般入賞口に玉が入らないような極端な釘曲げの是正が目的のようだ。

出典:Green Belt

同機構は各パチンコホールへ”無通知”で検査を行っており、今回の「新検査」も頻度・通知の有無が焦点になると思われます。

※追記

調査は稼動中の遊技機に対して行われるもので、具体的には検査員が営業中に無通知で入店し、無作為に選んだ遊技機(パチンコ・パチスロ)を一定時間試射。検査はホールに知らされないまま行われる、いわゆる「覆面調査」方式になる見通し。

なお、遊技機性能調査が開始されても、半年程度は猶予期間として、原則、行政通報は行わない方針とされる。

「(くぎ曲げ事案は)くぎの劣化によるメンテナンスといったものではなく、意図的に遊技性能を改造して、過度に偶然性に頼った遊技等を創出していることが窺われる事案であります」

出典:遊技機通信WEB

やはり「覆面調査」となる模様で、半年経過以後(2015年12月前後)は不正を確認次第「行政通報」が行われるとのことです。

新調査・検査の役割

上記を踏まえると「”一般入賞口”に玉が入らないような極端な釘曲げの是正」とあり、ユーザーの立場から見て「一般入賞口」は比較的重要とは言えない部分であり、本来重要な「ヘソ・電チュー」に関わる釘曲げにはあまり影響が無い検査ではないかと言う疑念が挙げられます。
また、ヘソ等において「玉が入らないような極端な釘曲げ」を行っているホールは極稀であり、一般的には「非常に入りづらいが、入らないとは言えない」釘曲げが現状である事を鑑みても、新検査の存在意義に疑問が生じます。
従って(お上に対しての)ポージングの意味が強く、機構とホール側のイザコザが起こるのみで、エンドユーザー(打ち手)は蚊帳の外…、と言う状況が想定されるでしょう。但し、この動きがより強化される若しくは他角度からの是正に影響を与える可能性と言う意味では一定の期待はしたいところですね。

行政通報が開始される見通し

【2017年2月2日追記】
初期猶予期間および「型式試験時と性能が異なるおそれのある遊技機の撤去(いわゆるMAX機撤去)」により行政通報が保留されていた遊技機性能調査ですが、このたび警察庁の要請により「行政通報を開始する」方向で議論に入りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

スロパチステーション

パチンコ動画

  1. 沖海4桜

    CR海物語IN沖縄4 桜Ver.|公式PV動画

  2. CRおばけらんど

    CRおばけらんど|公式PV動画

スロット動画

  1. 悪魔城ドラキュラLoS パチスロ新台

    スロット悪魔城ドラキュラ-Lords of Shadow-|公式PV動画

  2. パチスロテイルズオブシンフォニア

    スロットテイルズオブシンフォニア|公式PV動画

パチスロ解析集

  1. パチスロ押忍番長3

    スロット押忍!番長3|天井・解析情報

  2. ミリオンゴッド-神々の凱旋-

    ミリオンゴッド-神々の凱旋-【ユニバーサル】の解析情報

  3. CR必殺仕事人5|スペック・攻略情報

  4. CR北斗の拳7転生の章 パチンコ攻略

    CR北斗の拳7 転生の章|スペック・攻略情報

ページ上部へ戻る