警察庁、一般入賞口に関する釘曲げ違反に言及

pachinko_slot_news
警察庁保安課が各方面に文書を通知

2015年6月23日、警察庁はホール団体に対し、文書『デジパチに関して一般入賞口に全く玉が入らないぱちんこ遊技機について』を通知。当該遊技機を営業利用する事は「風営法第20条第1項違反」に該当するとして、指導を要請したようです。また各都道府県の警察に対しても同日に通知され、その内容は以下の通りです。

改造により遊技性能が変更されたデジパチのうち、少なくとも一般入賞口に全く玉が入らない仕様に改造された遊技機については、風営法施行規則の「獲得することができる遊技球の数のうち役物の作動によるものの割合が著しく大きくなることがある性能を有する遊技機」及び「遊技の結果が偶然により決定されるおそれが著しい遊技機」に該当

出典:Green Belt

パチンコ業界の急所「遊技釘」にメス

上記内容は、「一般的な「大当たり」による出玉獲得が総出玉獲得契機において過度な割合を占めてはならない」との意味にとれます。ただ、現在各店舗にて設置・稼動中のパチンコ機の大部分(≒ほぼ全て)は役物作動による大量出玉獲得に重きを置いた釘となっており、一般入賞口等は「飾り」と化している現状は火を見るよりも明らかでしょう。
一見すると「パチンコ店が単独で遊技機の性能を改変している」かのように思えますが、問題は想像以上に深く、POKKA吉田氏によれば現状は以下の様です。

「メーカーは保通協の適合を受けるために、納品時とはまったく異なる諸元表の釘で型式試験を受けていた。納品時に試験時の釘にしているメーカーは1社もないだろう。日遊協の行政講話では、メーカーに対し納品時に取扱説明書の釘とするように言っている。日工組はまだ決めていないが、もしこの通りにホールに納品するようになったら、誰も打てないものとなる。」

出典:pachinko-club

「型式試験適合時の釘」と「メーカーがホールに向けて出荷した時点の釘」、更に「ユーザーが遊技する際の釘」。これらが全て異なる(場合が多い)のが現状で、”犯人は1人ではない”のが此の問題の複雑なところだと思われます。
とは言え、2015年11月迄で「遊技産業健全化推進機構による遊技くぎ調査の通報猶予期間」も終わり、12月以降は現実問題として摘発されるホール(又はメーカー)が出てくることが予想されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

スロパチステーション

パチンコ動画

  1. 沖海4桜

    CR海物語IN沖縄4 桜Ver.|公式PV動画

  2. CRおばけらんど

    CRおばけらんど|公式PV動画

スロット動画

  1. 悪魔城ドラキュラLoS パチスロ新台

    スロット悪魔城ドラキュラ-Lords of Shadow-|公式PV動画

  2. パチスロテイルズオブシンフォニア

    スロットテイルズオブシンフォニア|公式PV動画

パチスロ解析集

  1. CRめぞん一刻4約束|スペック・攻略情報

  2. ミリオンゴッド-神々の凱旋-

    ミリオンゴッド-神々の凱旋-【ユニバーサル】の解析情報

  3. CR交渉人真下正義 パチンコ攻略

    CR交渉人真下正義|スペック・攻略情報

  4. CR牙狼GOLDSTORM翔-パチンコ攻略

    CR牙狼ゴールドストーム翔|スペック・攻略情報

  5. パチスロ押忍番長3

    スロット押忍!番長3|天井・解析情報

  6. CR北斗の拳7転生の章 パチンコ攻略

    CR北斗の拳7 転生の章|スペック・攻略情報

  7. CR必殺仕事人5|スペック・攻略情報

ページ上部へ戻る