平均台粗利ランキング一覧(2015年版)

2015年後半迄のパチンコパチスロの「粗利」をランキング形式でご紹介。
下記の「平均台粗利」は各機種が平均稼動を下回るまでに産み出した粗利の1日あたりの平均値となります。

ぱちんこ遊技機の粗利

順位 販売元 機種名 平均台粗利
1位 三洋 大工の源さん2京都(1/390) 11450円
2位 三洋 大工の源さん2京都(1/250) 11000円
3位 サミー 聖戦士ダンバイン(1/256) 9160円
4位 藤商事 暴れん坊将軍怪談(1/268) 8370円
5位 藤商事 クリスタル&ドラゴン(1/99) 7400円

源さん二タイプが断トツの粗利を記録、稼動貢献週が非常に短く、なおかつ辛いスペックであったため高い粗利を弾き出したと考えられます。

回胴式遊技機の粗利

順位 販売元 機種名 平均台粗利
1位 三洋 聖闘士星矢女神 15860円
2位 三洋 リリカルなのは 14170円
3位 大都技研 吉宗-極- 10340円
4位 KPE スカイガールズ2 10120円
5位 SNKプレイモア コブラ 9230円

パチスロ部門でも三洋が首位を独占、圧倒的な平均台粗利となっています。ぱちんこ遊技機に関しても言える事ですが、「寿命が短い(≒すぐに客が飛ぶ)機種は粗利が高い」傾向が見られ、それを見越したスペックとなっている可能性が高いと考えられます。

反面、長期貢献している海シリーズや牙狼シリーズ、パチスロではジャグラー・ハナハナシリーズやミリオンゴッドシリーズは1日当たりの(総粗利は高くなりますが)平均台粗利は低めに出ており、中・高設定がある程度使用されていることが伺えます。

※上記数値等はダイコク電機様のDK-SIS結果を参考にさせて頂きました。

おすすめの記事