小役優先制御規制とART設定差の撤廃|パチスロ規制

  • 公開: 2016年3月17日
  • 最終更新: 2016年4月1日
pachinko_slot_news

小役優先とART設定差に対する新規制

回胴式遊技機製造業者連絡会は2016年3月16日、「小役優先のリール制御」および「ART(アシストリプレイタイム)機能」に関する新たな規制を決定しました。本規制はボーナスをより重視したものであり、ボーナスを制限するものやボーナス以外のゲーム性の幅を制限する役割となります。規制内容の要旨は以下の通り。

①.小役優先のリール制御を規制
②.ART抽選を設定差の無い完全確率で行う
③.ARTに関する上乗せ等にも設定差を認めない

上記①の理由に関して、「内部ボーナス成立時に他小役の影響でボーナス図柄表示頻度が著しく低下する場合、当選役物を作動させることが出来ない恐れ」があるとの見解を示し、本規制を行う流れに至った模様。また上記②③に関して、ART抽選は設定差が設けられていない小役などで行うべきだとし、内部ボーナス成立時はART発動抽選を行わない方針も明言しています。

本規制の実施・適用スケジュールは確定しておりませんが、「早い時期に対応する見込み」とのことであり、規制開始は時間の問題だと思われます。影響に関して、小役優先制御やART設定差は現状大多数のスロット機に組み込まれた特徴であり、スロット業界に大きな変化をもたらすであろう規制と言えるでしょう。

ART規制における調整内容

上記「ART関連の規制」に関して、あくまでも”検討中”としながらも、下記の内容で最終調整が行われているとの情報が浮上してきました。前述の内容よりも踏み込んだ言及点がございますのでご確認下さい。

・ART継続ゲーム数は「1500G未満」もしくは「3000÷純増枚数(単位G)未満」とする
・上乗せだけでなくART中のモードアップ抽選等にも設定差を認めない
・17,500G消化時点でのART区間滞在割合は12,250G(70%)未満とする
・設定変更およびART終了時、ARTに関する全変数の初期化を行う

上記が適用された場合、いわゆる”一撃フラグ”の期待枚数上限が3,000枚となり、ART終了後の引き戻しや潜伏状態の存在は一切禁止されると読むことが出来、現行機種で多用されている天国モードや高確率状態、ARTのチャンスゾーン等も禁止する方針だと言えるでしょう。また試験時の17,500回転の区間におけるART割合にも言及されていることから、ARTの変則的使用の方面も塞ぐ意図があるものだと考えられます。

【追記(2016年4月1日)】
本規制に関して、「各種小役の当選確率の下限を1/17500とする」との内容も盛り込まれていることが明らかとなりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

スロパチステーション

パチンコ動画

  1. 沖海4桜

    CR海物語IN沖縄4 桜Ver.|公式PV動画

  2. CRおばけらんど

    CRおばけらんど|公式PV動画

スロット動画

  1. 悪魔城ドラキュラLoS パチスロ新台

    スロット悪魔城ドラキュラ-Lords of Shadow-|公式PV動画

  2. パチスロテイルズオブシンフォニア

    スロットテイルズオブシンフォニア|公式PV動画

パチスロ解析集

  1. CRアナザーゴッドハーデスアドベント パチンコ攻略

    CRアナザーゴッドハーデスアドベント|スペック・攻略情報

  2. CR北斗の拳7転生の章 パチンコ攻略

    CR北斗の拳7 転生の章|スペック・攻略情報

  3. CRめぞん一刻4約束|スペック・攻略情報

  4. CR必殺仕事人5|スペック・攻略情報

  5. まどかマギカ パチンコ新台

    CR魔法少女まどか☆マギカ|スペック・攻略情報

  6. CR牙狼GOLDSTORM翔-パチンコ攻略

    CR牙狼ゴールドストーム翔|スペック・攻略情報

  7. ミリオンゴッド-神々の凱旋-

    ミリオンゴッド-神々の凱旋-【ユニバーサル】の解析情報

ページ上部へ戻る