新会社ジーグ|サミーとユニバーサルが共同出資

ジーグは遊技機設計・販売の専門会社に

パチスロメーカー大手二社「サミー」および「ユニバーサルエンターテインメント」が共同出資で新会社「ジーグ」を立ち上げました。ジーグの社長には甘利祐一氏が就任、新会社ジーグは遊技機の設計および製作を行い、サミー社及びユニバーサル社に販売。遊技機の基本設計を共通化することでコストの削減および新技術導入のハードルを下げる目的があると考えられます。なお、ジーグ社の遊技機製造拠点はサミー社の既存工場等を利用するとの報道がなされています。

現時点でユニバーサル社の新筐体「WIZARD」との関連は不明ですが、遊技機製造コストを問題視する声は以前から大きく、今後はより注目度が高まっていくことが想定されます。

【追記(2016年4月1日)】

サミー×ユニバーサルのジーグ社

両社より正式なIRリリースが行われました。
このたび設立された合弁会社『株式会社ZEEG(ジーグ)』は、遊技機ユニットおよび部品のプラットフォーム化を視野に入れた活動を行うとのことで、サミー社およびユニバーサル社は既にジーグが開発・供給する製品の導入を決定しているとの文面も確認出来ます。

サミー社IR
http://www.sammy.co.jp/japanese/news/2016/503.html
ユニバーサル社IR
http://www.universal-777.com/corporate/ir/release/pdf/2016/20160401.pdf

おすすめの記事