群馬県、等価禁止へ|パチンコ規制

群馬県遊協が非等価化を決議

7月22日、群馬県遊協の理事会にて「賞品提供価格の変更」を決定しました。その内容は実質的な「等価交換廃止」となり、貯玉再プレイ上限を含め、以下の決議が行われた模様です。

・群馬県遊協が非等価の方針を決定
・交換率(換金率)上限はパチンコが27.5個、スロットが5.5枚
・施行開始は2016年10月11日まで
・貯玉再プレイ上限は1日「2500個(500枚)」を目安に

同県内の一部ホール企業から「直ちに賛同は出来ない」との意見も挙がっているものの、大多数のホール企業からは既に賛同を得ており、上記通りの内容・スケジュールで施行されるものと思われます。

東京都が等価禁止
愛知県が等価禁止
福岡県が等価禁止

おすすめの記事