バンダイナムコセブンズ

バンダイナムコが新会社でパチンコ業界へ参入

2019年1月23日、バンダイナムコエンターテインメント社は自社公式Webページに於いて「遊技関連事業専門会社 株式会社バンダイナムコセブンズを設立」を趣旨とする報道向けPDF資料を公開しました。

株式会社バンダイナムコエンターテインメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:大下聡)は、遊技関連事業を分社し「株式会社バンダイナムコセブンズ」を2019年4月1日付で設立いたします。遊技業界は大きな転換期を迎え、市場では新たなエンターテインメント要素が強く求められています。その環境変化にスピーディーかつ柔軟に対応し、遊技関連事業の強化、拡張を図るため、独立した事業組織としての新会社を設立することとなりました。

バンダイナムコセブンズ IR

出典:バンダイナムコ IR

バンダイナムコエンターテインメントが全株式を保有する完全子会社として設立、代表取締役は「金子敬幸」氏、主事業として「遊技機開発・販売」が明記されている点を鑑みると、同社がメーカーとして本格的にパチンコパチスロ業界への参入を始めると考えられ、従来まで、遊技機プロデュースや映像開発といった部分的参入(ex.株式会社ニューギンと共同で「CRテイルズオブデスティニー」の開発 等)であったものを、今回の新会社「バンダイナムコセブンズ」設立を火蓋として全面的な本格参入となる事が想定されます。

【追記(2019年1月24日)】
関係者によると、バンダイナムコセブンズ社は今後の方針として「開発の範囲拡大は想定されるが、従来通りの業務受託及び映像開発を中心に進める」との考えを示しており、一部で形容されるような「パチンコパチスロメーカー」とは毛色が異なる参入となる見込みとのこと。

おすすめの記事