パチスロカウボーイビバップ
概要

発売元 株式会社オリンピア
正式名称 パチスロカウボーイビバップ
全国導入日 2014年10月27日
導入台数 10,000台予定

SFアニメ流行のキッカケとなったカウボーイビバップのパチスロ機のご紹介です。
パチンコでもタイアップされた版権で、やはりハードボイルドっぷりが魅力の作品ですよね。
さて、機種の特長は大きく分けては「バンジーセブン役物」と「コンボチャンスシステム」の2点。
バンジーセブン役物とはその名の通り「7」が「バンジー」する「役物」で、リールの7揃い演出をフォローする役割があるようです。そしてメインはこちら「コンボチャンス」。公式の説明でも「チャンス役ゲーム数管理システム」とあり、チェリー・スイカ・チャンス目等のレア小役が必ず連続して出現する仕様となっています。詳しい説明は項目部で致しますが、疑似遊技(データランプが進まない)にて強制的にレア役の出目を表示させています。

スペック

項目 数値等
システム ATタイプ
純増枚数 約2.5枚/G
大当たり契機 CZ、レア役等

設定値 機械割
設定1 96.5%
設定2 97.9%
設定3 100.9%
設定4 106.3%
設定5 110.2%
設定6 115.3%

設定値 AT確率
設定1 1/344.6
設定2 1/327.4
設定3 1/312.1
設定4 1/262.3
設定5 1/232.5
設定6 1/200.2

レア小役名称 出現確率
中段チェリー  
強チェリー  
弱チェリー  
強スイカ  
弱スイカ  
強チャンス目  
弱チャンス目  

まず機械割はオリンピアらしいと言いますか、設定1は厳しい感じになっています。
一方、設定3以降は現行のAT機とほぼ同様のポピュラーは数値と言えそうです。同様にAT当選率も機械割差に応じた差が付いていますから、設定差≒初当たりの重さ(軽さ)とも言い換えられるでしょう。

チャンス役高確率ゾーン「コンボチャンス」

項目 内容
突入契機 G数消化(平均32G)
終了契機 調査中
抽選内容 高確率でレア小役が出現(最低2連続以上)
レア小役の振り分けは均等
(チェリー系:スイカ系:チャンス目系=1:1:1)
レア小役連続停止(コンボ)数は多いほどチャンス

本機種最大のウリがコチラです。チャンス役の強制疑似連続出現ゾーンとでも言いましょうか。
基本的には「不問5連続」「強レア役3連続」等でAT確定、それ以下はATやチャンスゾーン・前兆ゾーン等に突入する可能性があります。最低保証の2連続程度ではあまり期待出来ない仕様と理解しても良さそうですね。

チャンスゾーン「東風モード(道化師の鎮魂歌)」

項目 内容
AT期待度 約35%
突入契機 コンボチャンス経由等
終了契機 バトル敗北
抽選内容(前半:上乗せ演出) 最低保証5GのバトルG数上乗せパート
抽選内容(後半:バトル演出) 前半で決定されたG数以内に東風に勝利出来ればAT確定

チャンスゾーン「堕天使たちのバラッド」

項目 内容
AT期待度 約50%
突入契機 レア小役、コンボチャンス経由等
終了契機 バトル敗北
抽選内容 ビシャスに勝利出来ればAT確定
ステップ数で勝利期待度を示唆

特殊演出「TANK!チャンス」

項目 内容
突入契機 通常時のレバーオン時の一部
終了契機 1G完結
抽選内容 指定されたミッションクリアでAT確定

レバーオン直後に名曲「TANK!」が流れ、特定の出目を狙う特殊演出が発生。
出目の内容は「バー揃い」<「リーチ目」<「赤7」の順に成功期待度が高いようです。
成功時はもちろんAT確定、失敗しても強チャンス役と同等の効果がありますので、
どんどん発生してほしい演出の1つですね。

初期G数決定ゾーン「賞金首RUSH」

項目 内容
突入契機 AT突入直後
終了契機 5,7,10G消化
抽選内容 毎G、スパイクRUSHのG数を上乗せ
仲間ポイントの獲得抽選もあり

AT「スパイクRUSH」

本機種のメインAT、純増枚数は約2.5枚/G。初期G数は固定ではなく上記の「賞金首RUSH」で決定。
消化中はゲーム数の直乗せと仲間ポイント獲得による特化ゾーン抽選がされています。
規定G数を消化し終えても、引き戻しゾーン「ビバップチャレンジ」に突入する可能性もあります。

天井救済機能

項目 内容
発動条件 AT間999G消化(前兆あり)
恩恵 AT「スパイクRUSH」当選

おすすめの記事