ラッキージャックポット パチスロ解析

基本システム・性能

概要
発売元 岡崎産業株式会社
正式名称 パチスロラッキージャックポット
全国導入日 2016年1月25日
導入台数 約1,000台

岡崎産業のスロット新台「ラッキージャックポット」のご紹介です。
一般的なノーマル機でボーナスはREG&BIGの2種類を搭載、それぞれ約90枚と314枚の獲得が可能となりますが、BIGに関しては一度のみ特殊手順が必要となります。公式キャッチコピーは「モード加速!!」で、内部確率とボーナス出現率が異なる点が最大の特徴と言えるでしょう。

【型式試験情報】
2015年10月26日付「ラッキージャックポットL1」が検定通過。

スペック
項目 数値等
システム Aタイプ
回転数/千円 約46G
大当たり契機 -
設定 機械割 REG BIG ボーナス合算
設定1 96.4% 1/396 1/396 1/198
設定2 98.6% 1/376 1/375 1/188
設定3 100.4% 1/354 1/355 1/177
設定4 103.1% 1/330 1/330 1/165
設定5 106.2% 1/299 1/299 1/149
設定6 109.3% 1/277 1/278 1/139

ボーナス解析

種別 内容
レギュラー 7図柄・7図柄・BAR図柄
純増92枚(払出155枚)
ビッグ 7図柄揃い
最大純増311枚(払出344枚)
消化中に技術介入(逆押し)で最大獲得可能

おすすめの記事