スーパーリノマックス パチスロ解析

基本システム・性能

概要

発売元 山佐株式会社
正式名称 パチスロスーパーリノマックス
全国導入日 2016年4月18日
2016年7月4日
導入台数 約1,500台

山佐オリジナル機「Reno」兄弟機「SUPER Reno MAX」のご紹介です。
従来型リノのゲームフローは踏襲しつつ、トマト確率を下げた上で継続率および各ボーナス枚数を増加させたパワーアップ版となります。

執筆現在、導入は東京近郊で少台数見込み。トマト確率の目安(1/600程度)のみの情報しか公開されておらず、出玉率等は非公開の状態です。

【追記(2016年5月25日)】
1,000円ベースやコイン単価など複数の数値が明らかになりました。設定1時の初当たり確率は「1/645」、初当たり獲得時の平均期待枚数は「約1,000枚」とのことです。(記事内に追記させて頂いておりますのでご確認下さい。)

【型式試験情報】
2015年11月13日付「スーパーリノDX/EE」が検定通過。

・BR高確率状態の継続率は「82%」
・通常RENOと比較し「BIG:240枚」「REG:110枚」に増加
・トマト確率は「1/500」程度

スペック

項目 数値等
システム Aタイプ
(RENOタイプ)
ボーナス獲得枚数 110枚,240枚
回転数/50枚(1,000円) 29G
コイン単価 4.1円

設定 機械割 トマト ボーナス BIG
設定1 97.0% 1/516 1/13 1/58
設定2 98.2% 1/500
設定3 99.9% 1/486
設定4 102.0% 1/458
設定5 105.1% 1/434
設定6 108.2% 1/410

※上記「ボーナス」はボーナス高確率状態時のもの

おすすめの記事